ペットを飼うと、ワクチンや手術などが必要になる場合があります。ここでは一般的によく飼われている犬や猫にどのようなワクチンや手術が必要になるのか紹介します。

犬や猫に必要なワクチン

犬と猫では接種するワクチンの種類が異なります。日本では猫にはワクチンの義務はありませんが、犬には狂犬病ワクチンが義務化されています。このほかにも犬にも猫にもやっておいた方がよいワクチンがあるので、ネットで調べるか動物病院の先生に聞いてみるとよいでしょう。蚊によって伝播されるフィラリアについては、犬が食べやすいビスケットタイプの予防薬もあります。

犬猫に必要な手術

病気になって必要になる場合もありますが、小さいうちに受けることが多いのが避妊や去勢手術です。