ペットとは言葉のやりとりができません。そのため、ペットから発せられる病気のサインを見逃さないようにする必要があります。ここでは、ペットから発せられる病気のサインを見逃さないためにはどのようにしたらよいのか紹介しています。

ペットが発するサインを見逃さない

まず、普段のペットの様子をよく観察しておくことが大切です。元気なときの食事の量、排便回数や色や硬さ、寝ている時間などをよく覚えておくとよいでしょう。

食事の量が減る、下痢、散歩に行きたがらないなどはペットの体調不良のサインかもしれません。また、猫の場合は、普段は軽々ジャンプできていた場所にジャンプできないときは足腰に問題がある可能性があります。